EKAKINOKI

なまみのウチェッロ

Paolo Uccello 1397 Pratovecchio -1475 Firenze


ルネッサンス黎明期の巨匠パオロ・ウチェッロに迫るいい本があります。

宮下志朗訳・白水社
La chair de l'oiseau - Vie imaginaire de Paolo Uccello, Jean-Philippe Antoine

仲良し3人組だった、パオロ・ウチェッロ、ブルネレスキ、ドナテッロ。

かれらの遠近法にたいする考え方の違い。

ブルネレスキやドナテッロが、幾何学的な画面構成を欲っしたのに対し、ウチェッロはじっさいに目にみえるように描きたかった。

後世の巨匠、マンテーニャやプサンのパオロ・ウチェッロへのおもい。

色っぽいおはなしも・・・♪


かんれんファイル

中世から抜け出たパオロ・ウチェッロ
ドナテッロのイロケとミケランジェロのイロケ
マンテーニャ

(2002.04.28.)(2003.04.09. 点検)(2004.10.30. 見回り)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN