EKAKINOKI

フラ・バルトロメオ

Fra Bartolomeo 1472-1517 Prato-Firenze

サヴォナローラというとたいがいのひとがフラ・バルトロメオが描いたこの肖像を思い浮かべる。

ボッティチェッリ、ペルジーノ、ポリツィアーノ(詩人)・・・当時多くの芸術家がサヴォナローラに感化された。バルトロメオもそのひとりで、かれはドメニカンの修道僧になり絵筆を折る。(フラ・バルトロメオの「フラ」は聖職者をあらわす。)フラ・バルトロメオがふたたび絵を描き出したのが1504年。

現在サン・マルコ修道院美術館にあるサヴォナローラのこの肖像は1517年ごろ(フラ・バルトロメオが死んだ年!)に描かれたもので、サヴォナローラは1498年に火あぶりの刑に処せられているから、記憶をたよりに描いたんだね〜。

サヴォナローラに影響されたれ以降の作品にはとうぜん信仰がにじみ出てきただろうけど、、、、おおらかでしかも演劇チックな作風は、アンドレア・デル・サルトやむしろマニエリスムにも通じるところがある。

フラ・バルトロメオの作品(Web Gallery of Art)
http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/b/bartol...

フラ・バルトロメオの小僧時代のダチにピエーロ・ディ・コジモがいる。そういえばこのふたり、、、いっぽうは信仰生活の奥深くに足をふみいれ、もういっぽうは遁世生活を送って奇妙な原始時代の風景を描いた。けっこう似た者同士じゃん。

(2004.10.31.)(2005.05.23. 見回り)

かんれんファイル

■ ピエーロ・ディ・コジモ
■ デル・サルト
■ マニエリスム

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN