EKAKINOKI

ロセッティのオヤジ

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ
Dante Gabriel Rossetti 1828-1882

Dante Gabriel Rossettiフランスの革命(1789年)は、イタリアにあらたな希望と恐怖、さまざまな政治結社の誕生と弾圧をもたらす。それでなくともイタリアは、中世以来、諸外国に踏みにじられてきた。それプラス教皇庁を含む国内勢力のやり合いだから、はなしはこじれにこじれている。

しかしいったんはナポレオン・ボナパルトがイタリア半島を席巻する。ナポレオンが去ると、イタリアは「リソルジメント(イタリア復興)」のうねりをじょじょに大きくしていく。こうしたうねりがひとつひとつ集まり、1861年のイタリア統一につながる。

Napoleon Bonaparte 1769-1821 / Il Risorgimento Italiano

秘密結社「炭焼き党」も、そうしたうねりのひとつだった。ナポリ蜂起(1820年)は国王フェルディナンドから譲歩を引き出すが、政治的かけひきにしくじった炭焼き党員は政治犯として追われ抹殺される。このナポリ蜂起での英雄たちのなかに、詩人シルヴィオ・ペッリコと詩人ガブリエレ・ロセッティがいた。

Carboneria / Silvio Pellico 1789-1854 / Gabriele Rossetti 1783-1854

シルヴィオ・ペッリコは、あいだに入ってきたオーストリア政府に捕われ、1830年までの10年間をとんでもない牢獄で暮らすことになる。ペッリコはそこで有名な「獄中記」を書いた。解放されてからは政治から遠ざかった。

"Le Mie Prigioni"

一方、ガブリエレ・ロセッティは、イギリス海軍士官の軍服に着て、ナポリ湾に停泊中のイギリス軍艦に間一髪で逃げ込んだ。炭焼き党とイギリス・フリーメイソンがつながっていたという事実はたしかにあったが、この脱出行を実際に可能にしたのは、あるサロンで詩を朗読したガブリエレ・ロセッティにいたく感動したイギリス海軍提督夫人だった。ガブリエレ・ロセッティはそののち3年間をマルタ島で過ごす。そしてそこも危うくなると、1824年、ロンドンに政治亡命した。


1826年、ロンドンのイタリア人社会で中心的な存在だったイタリア語教授ポリドーリの娘と結婚。1828年、ガブリエレ・ロセッティの二番目のこども、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティが生まれた。

Dante Gabriel Rossettiダンテ・ゲイブリエル・ロセッティはイギリスを代表する画家のひとりだ。バーン=ジョーンズ、ウィリアム・ホルマン・ハント、ジョン・エヴァレット・ミレイらとともにラファエル前派として知られる。

Edward Coley Burne-Jones 1833-98 / William Holman Hunt 1827-1910 / John Everett Millais 1829-96

ラファエル前派というのは、ラファエッロを理想とするアカデミックな画風にたいして、絵画の精髄をラファエッロ以前に求めたひとたち。

ガブリエレ・ロセッティはイタリア語教授として生計をたてる一方、ダンテの著明な研究家でもあった。神聖ローマ皇帝派と教皇派の政治的対立のなかでダンテが残した言葉のなかに、1800年代のイタリアにも共通する暗示を見い出すことに革命家ロセッティは夢中になっていた。

Dante Alighieri 1265-1321

ロセッティ家の夕食では、そんなことが日常的にに話題になっていただろう。ベアトリーチェをはじめ、ダンテ作品にでてくるさまざまな逸話をミルクがわりに息子ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは育った。


ところで、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティはイギリス生まれなので英語読みでダンテ・ゲイブリエルだが、家ではイタリア語で「ガブリエレ」と呼ばれていたはずだ。

ロセッティ家の門戸は亡命イタリア人たちにいつも開かれていた。ガブリエレ・ロセッティ(オヤジのほう)は、いつの日にか政治的意志を実現させたかたちで祖国イタリアに戻れる日を待ち望んでいたろう。


さて、1854年1月31日、詩人シルヴィオ・ペッリコがトリーノで死ぬ。それから3ヶ月後の4月26日、ガブリエレ・ロセッティも死んだ。

ガブリエレ・ロセッティが死ぬちょうど一ヶ月前の3月27日夜、下田沖に停泊しているペリー艦隊に向かって慣れないオールで一生懸命に小舟を漕いでいるふたりの若者の姿があった。ふふ、そのうちのひとりが24歳の吉田松陰だ。

松陰の小舟事件から7年後の1861年、イタリア統一が成り、10年後の1864年には、池田筑後守遣欧使節がカプレーラ島のそばを船で通りすぎ、島に蟄居していたガリバルディにおもいをはせている。そして14年後の1868年に明治維新。

Giuseppe Garibaldi 1807-82

吉田松陰とガブリエレ・ロセッティの密航。このふたつの史実には34年の時間のひらきがある。それにもかかわらず、似ている政治状況、外国船をめがけたドラマチックな脱出シーン。吉田松陰の密航とロセッティの死のなにやらふしぎな時間的一致。なぜかこのふたりの姿が重なる。

(2002.04.23)(2002.07.07. 補足)

※ ファイル中の画像:いずれもダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ作 (上)「ベアトリーチェの死(The Death of Beatrice)」部分 1871年, The Walker Art Gallery, Liverpool(下)「プロセルピナ(Proserpine)」部分 1874年, Tate, London

かんれんファイル

■ ジョン・エヴァレット・ミレイ
■ スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ


かんれんサイト

■ かたつむり行進曲(和歌俳句鑑賞と歴史人物紹介サイト):吉田松陰についてのファイル
■ シルヴィオ・ペッリコの「獄中記(Le Mie Prigioni)」(イタ語)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN