EKAKINOKI

アルマの恋人オスカー・ココシュカ

Oskar Kokoschka(1886〜1980)

ココシュカは、グスタフ・クリムト(Gustav Klimt 1862-1918)、エゴン・シーレ(Egon Schiele 1890-1918)とならぶ、ウィーンの三羽ガラスです。

ウィーンの美術学校にいたころから戯曲を作ったり、文学的嗜好がかなり強かったみたいです。

「初期表現主義」ともいわれ、1912年にはドイツ・アヴァンギャルドとブラウエ・ライヤー(青騎士 − カンディンスキー)の協賛展示会(ケルン)にも参加しました。

その鋭敏な表現は認められたり排斥されたり、居所や国籍もオーストリアからチェコへ、イギリス、スイスへとちょこちょこ変えています。(ココシュカはもともとチェコ系で、こどもの頃ウィーンに越して来ました。)

とはいえ、ココシュカは、アカデミーの要職にもいましたし国際的な評価も受けていました。

ココシュカの逸話で有名なのは、指揮者で作曲家だったグスタフ・マーラー(Mahler Gustav 1860-1911)の未亡人アルマ(Alma Mahler-Werfel 1879-1964)との恋愛です。

じっさいになにがあったか知るよしもありませんが、ココシュカはそのことで心身を病み、治療のために「そっくり人形」を作らせました。その人形とはなしをする、いっしょにオペラ劇場にまで連れていく!!え〜〜〜!?

治療の甲斐あってかココシュカはティツィアーノなみに長生きをし、著作権が当分切れません。

(2003.03.01.)(2006.03.10. 点検)

※ 東京国立近代美術館・・・「アルマ・マーラーの肖像(1912年)」「版画集−足枷に繋がれたコロンブス(1913年)」

かんれんファイル

■ ココシュカに出会ったアダミ
■ 青騎士
■ キーファー→ドイツ表現主義
■ エゴン・シーレ参考リンク

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN