EKAKINOKI

「ムッソリーニとお茶を」の中のバッラの絵

ジャコモ・バッラ
Giacomo Balla 1871-1958

BBSから引用しま〜す。

TOMさん  2004.07.16.

「ムッソリーニとお茶を」・・・・・ものすご〜〜〜く良い映画でした! ラストに胸がジーンとしていたのですが、「(その後)アラベラは美術品と犬の保護に力を入れた」 という文字に吹きだしてしまった(笑) 「ルカ(主人公)は芸術家になりこの映画を撮った」 で、この映画の素晴らしさを確認できましたよ。なるほど。

えかきのき  2004.07.17.

「ムッソリーニとお茶を」はほとんどゼフィレッリ自伝ですね、見終わってから気づいた。サン・ジミニャーノの景色、ギルランダイオの絵、シエール(女優名)の絵画コレクションのなかにジャコモ・バッラの「街灯(Street Light/1909年)」が壁にかかってました。森美術館のMOMA展に、まさにその絵↓がありました。

(BBSから引用おわり)


 → amazon に「ムッソリーニとお茶を」のDVDがあります。


バッラはトリーノ出身かぁ。

トリーノがあるピエモンテ地方は、ジミですが、いろんな知識人を輩出してます。

アーティストでは、19世紀末〜20世紀にかけて活躍した、モルベッリ、ヴォルペード、カルロ・カッラー・・・

Angelo Morbelli 1853-1919 / Giuseppe Pellizza da Volpedo 1867-1907 / Carlo Carra 1881-1966

ピエモンテ地方は、いまだに抽象系アートに対する志向が強いところです。

しかし、近代になって産業ができてからかな、知識人が育ったのは。

それにしても、映画のなかでは「イタリアンイタリア〜ン、、イタリアのアーティストが大好き。」って、シエールがかなり盛りあがってましたが、「ピエモンテ人ってイタリアン?」

(2004.07.23)

かんれんファイル

■ 映画監督ゼフィレッリ:「ムッソリーニとお茶を」の監督
■ ギルランダイオ作品集

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN