EKAKINOKI

ガレアッツォ・マリア・スフォルツァってだれ?

Galeazzo Maria Sforza 1444-76


Galeazzo Maria Sforza

ガレアッツォ・マリア・スフォルツァの肖像画(1471年ごろ): アントーニオ・デル・ポッライオーロ作, Galleria degli Uffizi

ガレアッツォ・マリア・スフォルツァってだれ?

ミラノ大公(1466-76)で、フランチェスコ・スフォルツァとビアンカ・マリア・ヴィスコンティの息子で・・・と言っても、わかるひと、そんなにいないよね。

ミラノはもともと、パヴィアに本拠をおいていたヴィスコンティ家の配下にありました。

ヴィスコンティ家の男子継承者が途絶えると、最後の当主は、信頼厚かった傭兵隊長とじぶんの娘を結婚させました。

その傭兵隊長が「フランチェスコ・スフォルツァ」・・・つまり、ガレアッツォ・マリア・スフォルツァはその子息です。

肖像画でみるかぎり、スフォルツェの息子ガレアッツォ・マリアは、情緒にあふれ、賢そうなかんじですが、このひと、なんと独裁者。最期は反対派に暗殺されました。

文芸はこよなく愛していたにちがいない。ブラマンテ(1444-1514)がすでにスフォルツァ家で働いていました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)は、1471年、フィレンツェでガレアッツォ・マリア・スフォルツァと会っていますが、ダ・ヴィンチがスフォルツァ家に仕えるのは1482年からで、そのとき、スフォルツァ家当主は、ガレアッツォ・マリアの従兄筋のルドヴィーコ・イル・モロ(1452-1508)でした。

ガレアッツォ・マリアには、カテリーナという娘がいました。

たぶん、そんなに裕福でない女に生ませた庶子なのですが、このカテリーナは、ルネサンス、フィレンツェ、イタリア、さらには世界の歴史に関係していきます。

ちなみに、「ガレアッツォ・マリア」の「マリア」っておんなみたいななまえだとおもいませんか?

母親がマリアだったからというわけでもなく、たんに、北イタリア人の名前です。たとえば「ジャン・マリア」とか。いまでもいます。

(2004.02.27. 『スフォルツァ家とミラノの命運』から分割)(2004.11.20. 見回り)

かんれんファイル

■ スフォルツァ家の由来
■ スフォルツァ家が外国に攻められたワケ
■ カテリーナ・スフォルツァ
■ ブラマンテとレオナルド・ダ・ヴィンチはおともだち(展)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN