EKAKINOKI

ルネサンスは地域色が濃い

ヴェネツィアにはヴェネツィアのルネサンスが、フィレンツェにはフィレンツェのルネサンスが、ミラノにはミラノのルネサンスが、ローマにはローマのルネサンスが、あった。

国がちがっても、おなじイタリア半島で交流はあったし影響も与え合っていた。だから共通項だってもちろんある。

だけど、たとえばヴェネツィアの美術家は、まずヴェネツィアという文脈のなかでつかんだほうがイキイキとしてくる。

ヴェネツィア・ルネサンスの代表的な美術家たち・・・

マザッチョ(1401-28)
ドメニコ・ヴェネツィアーノ(1410-1461)
ベッリーニ(1430-1516)
カルパッチョ(1465-1525)
ジョルジョーネ(1477-1510)
ティツィアーノ(1490-1576)
ティントレット(1519-94)
ヴェロネーゼ(1528-88)

Photo courtesy of mashiro

フィレンツェの美術家といえば・・・レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ボッティチェッリ・・・

なぜか、、ヴェネツィア派は色彩に目を奪われ、フィレンツェ派はデッサン=モノの形のほうにより注意がいってた。

1546年、ヴェネツィアの巨頭ティツィアーノとフィレンツェの巨頭ミケランジェロがローマで出会い、そのことで大喧嘩をしてる。

アート命のひとたちにとっては、どっちがより大切かは、譲れない一線だったんだね。


ヴェネツィア共和国は海を介して、ヨーロッパ以外の諸国と交流があったし、いろんなものも見てきた。

またおしなべて、ヴェネツィア人はエエカッコシイなんだよ。「ミテクレが命」みたいな。

それにくらべてフィレンツェは内陸で、シエナとかピザとか周辺の国としょっちゅうドンパチやってた。

どちらかというと質実剛健。美術においても、職人的な伝統が強かったはずだ。

(2002.08.16. 見直し)(2003.01.03. 点検)(2004.12.16. 見回り)(2005.06.01. 見回り)

かんれんファイル

■ DNAに刻まれた中世の憎しみ

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN