EKAKINOKI

ウルビーノのフェデリーコとバッティスタ

Federico da Montefeltro, 1422-82
Battista Sforza, 1446-1472

Federico Montefeltro

『フェデリーコとバッティスタ』ピエーロ・デッラ・フランチェスカ作 1465-66年 ウフィツィ美術館(フィレンツェ)


ウルビーノ公フェデリーコは、15歳のとき(1437)、一度政略結婚をさせられました。

その後バッティスタ・スフォルツァを見初め、彼女が14歳のとき(1460年)、正式に結婚しました。

こどもにも恵まれました。

ただ、バッティスタ・スフォルツァは、26歳のときに最後の子グイドバルドを生むと、産褥のさなか死んでしまいます。

Battista Sforza

『バッティスタ・スフォルツァ彫像』バルジェッロ国立美術館(フィレンツェ)ラフランチェスコ・ウラーナ作(LAURANA, Francesco 1430-1502):デス・マスクから制作


これを見てください!

Federico Montefeltro

ピエーロ・デッラ・フランチェスカ作 1472-74年 ブレーラ美術館(ミラノ)

フェデリーコとピエーロ・デッラ・フランチェスカは良き友でもありました。

そのピエーロ・デッラ・フランチェスカがフェデリーコにたのまれて描いた絵です。

生まれてきた赤ん坊と正装の武人フェデリーコ、妻バッティスタ・スフォルツァの姿がえがかれています。

ぐすっ、これ「愛」ですね。。


バッティスタ・スフォルツァが他界して10年後の1482年、ヴェネチア相手にフェッラーラの軍隊を指揮しているたフェデリーコ戦死。

ちなみに、これ↓フェデリーコとバッティスタの長男です。けっこうハンサム!

Guidobaldo da Montefeltro, 1482-1508 (Raffaello 1506年, Galleria degli Uffizi)
グイドバルドは、マントヴァ公ゴンザーガ家フランチェスコ2世(あのフランチェスコ!)の妹(Elisabetta Gonzaga,1471-1526)と結婚。

(2001.07.30.)(2002.09.05. 見直し)(2005.01.05. 見回り)

かんれんファイル

ウルビーノ公フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ
ウルビーノのかんたんマップ

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN