EKAKINOKI

夢の競演:ダ・ヴィンチ&チェーザレ・ボルジア

Leonardo da Vinci 1452-1519 / Cesare Borgia 1475-1507

チェーザレ・ボルジアがレオナルド・ダ・ヴィンチと手を組んで一緒に仕事をしていたのを知っているだろうか?

まさに夢の競演というしかない。デノールとバス。策士と天才技術者。犯罪と創造。

マキャベッリも一目置いたチェーザレ・ボルジアに、しかし神は微笑まなかった。

これだけ恵まれたチームをもちながら、なぜチェーザレは天下取りに失敗したのか?

史上初のイタリア空軍さえ実現していれば!

チェーザレは、けっきょくイタリアの石田三成だったのか?(笑)

レオナルド・ダ・ヴィンチによる飛行機のスケッチ(部分)

ミラノ・スフォルツァ家がフランス軍に陥落すると、スフォルツァ家で働いていたレオナルド・ダ・ヴィンチの放浪生活がはじまった。

マントヴァ・・・ヴェネツィア・・・フィレンツェ・・・ボローニャ(1502-03)・・・フィレンツェ(1503-06/1507-08)で『アンギアーリの戦い』・・・ミラノ(1506-13)・・・ローマ(1513-16)・・・フランス(1516/1517-19)『モナリザ』・・・

チェーザレ・ボルジア(27才)がレオナルド・ダ・ヴィンチ(50才)に出会ったのは、1502年だ。

このボローニャにいた1年間、レオナルド・ダ・ヴィンチは、チェーザレ・ボルジアの軍事技術顧問として働いていた。

チェーザレ・ボルジアは、ときの教皇アレクサンデル6世の息子で、20代でロマーニャ公国(ボローニャがあるあたり)領主となり、教皇軍の統率者でもあった。

Cesare Borgia

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたチェーザレ・ボルジア(部分) c.1502年 Royal Library, Torino

塩野七生氏が、著書のなかで、ふたりの出会いに触れている。

「ふたりは、おたがいになにか共通するものを感じていた。」

ふたりに共通するなにかとは、もしかして「冷徹な観察眼」?

しかし、この夢の競演は長くは続かなかった。チェーザレ・ボルジアの凋落のためである。

チェーザレは、とつぜんツキから見放される。あるんだろうか?そういうことって?


1503年夏、ローマはマラリア騒ぎで、教皇アレクサンデル6世(チェーザレの父)ばかりか、チェーザレ・ボルジア自身まで高熱のために倒れた。

教皇は死亡。チェーザレはかろうじて一命をとりとめる。しかしこのあと、チェーザレ・ボルジアは、まったく「らしくないドジ」ばかり踏みつづける。

「高熱に頭をやられた」というのがいちばん納得がいく説明だとおもえるほど、チェーザレ・ボルジアからかつての天才的な冴えがなくなった。そして、坂をころげ落ちるように凋落していく。

かつて妹ルクレツィア・ボルジアを結婚させた相手、アラゴン王国王子暗殺の件で、チェーザレ・ボルジアはスペインにしょっぴかれた。

いったんは逃亡するものの、1507年、彼の地でのたれ死に同然の死に方をした。


教皇の後ろ盾を失ったというのはたしかにある。しかし・・・天才策士にしては、あまりにドジな最期。

夢の競演の成果をすこしでも見たかったし、理解者を得たレオナルド・ダ・ヴィンチの技術科学的成果は、きっとたくさんのものを産み出したにちがいない。

一説によると、チェーザレ・ボルジアは、姿をくらまし、アメリカに脱出したという。ハハ。義経チンギスカン説みたいなもん。

(2001.10.14)(2002.08.14. 見直し)(2004.05.07. 見回り)

かんれんファイル

■ スフォルツァ家とミラノの命運
■ レオナルド・ダ・ヴィンチの『アンギアーリ戦』
■ ダ・ヴィンチは料理の達人だった。

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN