EKAKINOKI

フランク・ステラの立体作品

フランク・ステラ Frank Stella 1936-

川村記念美術館(千葉県佐倉)にステラ・コレクションがあり、立体作品も数点あります。

そのひとつが『リュネヴィル(1994年)』・・・飛行機かトラックかエアーダクトか、いろいろな部品がねじ曲げられへし折られ、シルバーメタリックの巨大な塊です。

美術館入口の大きさと比較してください。

川村記念美術館入り口付近と『リュネヴィル』717x640x609cm

立体作品の設置場所ってカンタンじゃないですね。

どこに置くかで、訴えかけてくるものがちがってくるような気がします。

現代的な美術館のだだっぴろい無味乾燥な空間にポツンと置かれていてピンときたためしがありません。

あるいは、公園のようなところでも、またなにかぎゃくに意図的なものを感じてしまって、ピンときません。

ステラのこういう作品は、どういうところがふさわしいのでしょうね?

それをどこに設置するかというのは、またべつなアートであるようにもおもえます。

(2003.09.14.)(2004.01.05. 見回り)

かんれんサイト

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN