EKAKINOKI

フォンタナの「切り裂かれたキャンバス」

Lucio Fontana 1899-1968

アートに大きな影響を与えた美術史上のショッキングな出来事は?

マルセル・デュシャンの「便器」。マレーヴィッチの「四角に丸」。

そして、ルーチョ・フォンタナの「やぶれたキャンバス」はどうだろう?!

ルーチョ・フォンタナ生誕100周年記念切手

キャンバスをナイフで切っただけ。

なぜフォンタナはこんなことをやったのか?

作為がない美しさ?作為を感じさせるもの、計算されたもの、は美しくない?

でも、「これが絵だ」ってやられちゃうと、そのつぎにくるアーティストはいったいなにができる?


ルーチョ・フォンタナはアルゼンチン生まれ。ミラノ・ブレーラ芸大で彫刻家ウィルツについて学びました。アーティストとしての活動はおもにイタリア。1930年代、ロンバルディア地方のアブストラクト・グループに参加。第二次大戦勃発とともにいったんアルゼンチンに帰国。

1946年、「新未来派/時代にふさわしいアート」をマニフェスト紙上に執筆。1947年、ミラノに戻ると『空間主義』を創始。1947年から1953年にかけて、7つの新聞に『空間主義』の理論を繰り広げ、美術史に残る作品を制作して実証。1968年、イタリア・ヴァレーゼ市コマッビオにて逝去。

(2001.10.07. 加筆)(2004.03.30. 見直し)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN