EKAKINOKI

ボイス 〜 奇跡の快復

Joseph Beuys 1921-86

戦争のさなか飛行機が墜落〜。全身やけど状態で虫の息だった兵士を遊牧民がみつけて洞窟のような場所に連れ去り、全身に獣脂を塗りたくり、さらに羊のフェルトで包んで介抱した。するとなんと奇跡的に、瀕死の重傷だった兵士は元の顔と身体を取り戻す。。

こんなシーン、映画でみたことありませ〜ん?んんん、これ、ヨゼフ・ボイスにじっさいに起こったことなんですぅ。

http://arts-sciences.cua.edu/art/nmh/332/njc/josep..

ハッ、、、

ボイス作品にはよくフェルトがつかわれてる。あれは、じぶんの体験と連動してるんだ〜。フェルト、獣脂、、、、、上のリンク先の作品「The Pack(1969)」、、よくみて〜。ボイスの体験を象徴するような作品だとおもう。。

つぎのリンク先は、フェルトのスーツ「Felt Suit(1970)」と「Mountain King (Tunnel), Two Planets(1958/72)」。

http://www.altana.de/root/index.php?lang=en&pag..

ボイスの作品で・・・「Mountain King (Tunnel), Two Planets」のように「セメントかなんかで塗り固められてる」のってのも、ときおりみかける。これも〜、遊牧民に助けられたときに獣脂とフェルトでからだをすっぽりされた体験からきてんのかな〜

つぎのリンク先はフェルトで包んだピアノ。フェルトには獣脂がこってり塗り込まれてる。おなじものかどうかはわかんないけど、ヒトラー終焉20周年ってときに、アーヘンの聖堂でボイスはおなじことをやってる。いやもっと過激で、ピアノを獣脂まみれにした。過激すぎて一騒動起きたみたい。

http://www.pianotopics.nl/13FB13.htm

どう?ボイスがなんでフェルトや獣脂をつかったか、ルーツみたいのがなんとなくわかっておもしろくない?だからナニがわかるってんじゃないけどさ。。。。。

(2005.05.03.)

ボイスかんれんファイル

■ だれもがアーティスト
■ ボイス〜奇跡の快復
■ ボイスとパイク

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN