EKAKINOKI

アフロとブッリとフォンタナの3人展

国立国際美術館(大阪/2002.06.06〜07.21.)で、アフロとブッリとフォンタナの3人のイタリア人展をやってます。

アフロ:Afro Basaldella(1912-1976)
Alberto Burri(1915-95)アルベルト・ブッリ
Lucio Fontana(1899-1968)ルーチョ・フォンタナ

フォンタナは破ったキャンバス作品で、ブッリはズダ袋で有名です。アフロの作品は若者にも人気があります。

イタリアでは、美術に関心があるひとなら、だれでも知ってるアーティストですが、日本ではそこまで知られていないですね。たぶん。

ブッリもアフロもたしかにイタリアを代表するアーティストだけど、でもまだ買える。フォンタナとかバッラは、フツウには買えない。

ちょうどおなじ時期、おなじようなかんじの展示会がローマ「Museo del Corso」であって奇遇。

『未来派から抽象へ(1900年代初頭)展 -2002,07.07』

バッラ:Giacomo Balla(1871-1958)
デペロ:Fortunato Depero(1892-1960)
フィッリア:Fillia(Colombo Luigi)(1904-1936)
アフロ:Afro Basaldella(1912-1976)
ドラツィオ:Piero Dorazio(1927〜)
ソルダーティ:Atanasio Soldati(1896-1953)

(2002.06.21.)(2005.01.05. 見回り)

かんれんファイル

■ ルーチョ・フォンタナ
■ バッラにふれているファイル

BBSより

ミンチカ

モダンアート?と言うのでしょうか?各作品に通じて優しい色合いですね。モダンアートの場合と・し・て、自己主張が強すぎると飽きがくる。。。作品の中へ、鑑賞者の心と生活が入り込む余地が大切と思います。その点、下記の作品は納得。。。

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN