EKAKINOKI

ボローニャ派とバロック

Lodovico Carracci 1555-1619
Agostino Carracci 1557-1602
Guido Reni 1575-1642
Domenichino Zampieri 1581-1641

1500年代後半になると、ボローニャ派などがバロックのはじまりをかんじさせます。


※ 上作品(拡大画像つき):ロドヴィーゴ・カラッチ作「聖家族」/カピトリーニ美術館(ローマ)

ボローニャ派とは、この時代、ボローニャを中心に活躍した画家たちの総称で、カラッチ兄弟、そしてそれにつづくグイード・レーニ、ドメニキーノらです。

なかでもアンニーバレ・カラッチは、従兄のロドヴィーコ、兄のアゴスティーノとともにボローニャ派の中核をなしていました。

かれらはローマにも呼ばれ、パラッツォ・ファルネーゼなどで仕事をしています。

ボローニャという土地は、もともと庶民性が強い土地柄で、近年にいたっては左翼が非常に強いところです。

画風はいたって鮮明、平明、庶民的、軽やかさのなかにも調和があり、マニエリスムのような強引なひっぱりはありません。

アンニーバレ・カラッチのあと、ボローニャ派はロドヴィーコ・カラッチについていたグイード・レーニが牽引していきます。

Guido Reni

レーニ作『サン・セバスティアーノ(1615 ローマ・カピトリーニ美術館)』

1616-17, ドメニチーノによる「狩りをするディアンヌ」

グイード・レーニも名だたるリーディング・アーティストでしたが、晩年はかけごとに熱中して仕事がおざなりになり、「本人の手がはいっていない工房作」みたいのを量産していたみたいです。ハハ(、じゃないか。)


かんれんサイト

カラッチ・ブラザーズ作品(Web Gallery of Art)
http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/c/carr..

グイド・レーニ作品(Web Gallery of Art)
http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/r/reni/

(2001.10.07 点検)(2002.09.03. 見直し)(2004.02.25. カラッチの画像追加)(2004.11.17. ファイル名変更)(2016.04.08 見回り)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN