EKAKINOKI

アルテ・ポーヴェラについて

L'Arte Povera

アルテ・ポーヴェラってなんでしょうね?

「ポーヴェラ」は「貧乏」ってイミで、だから「貧乏アート プア・アート」だけど、由来から言うと、むしろ「ガラクタ・アート」「廃品アート」という理解をしています。

つまり、そこらにころがってるような素材で表現するってわけ。

でも最近は、、アルテ・ポーヴェラが拡大解釈されてるみたいで、なんかよくわからない。


アルテ・ポーヴェラはイタリア発で、それもおもに北イタリアのトリーノ発ってとこがおもしろい。

「Comtenporary Art Archives」というサイト↓が充実しています。

http://www.contemporaryartarchive.com/ArtePovera.html

このサイトにでているのは・・・・・ Giovanni Anselmo/Alighiero Boetti/Pier Paolo Calzolari/Luciano Fabro/Jannis Kounellis/Mario Merz/Marisa Merz/Giulio Paolini/Pino Pascali/Giuseppe Penone/Michelangelo Pistoletto/Emilio Prini/Gilberto Zorio

→ トリーノ市内のマリオ・メルツ作品
→ マリオ・メルツとマリーザ・メルツ


「アルテ・ポーヴェラ」を説明している、こんなサイト(日本語)↓もあります。

http://www.tinami.com/x/hiropon/02/ref8.html

けっこうおもしろい解説です。パフォーマンス・アートっぽいのもありますね。

ショッキングなシーンを演出するカテラン(Maurizio Catelan 1960-)もはいってる。

カテラン作品(Castello di Rivoli Museo d'Arte Contemporanea)
→  「宙づりの馬」 / 「勉強机とこども」


けっきょく、グループ「アルテ・ポーヴェラ」みたいな、ひとつのあつまりかな、って気もしないでもない。

好きですどね。

すぐイギリスとかでも盛んになって、いまは国際的です。


→ ロンドンのテイト・モダンであったアルテ・ポーヴェラ展示会(2001年)

→ ゾリオとマリーニ展

(2004.12.12)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN