EKAKINOKI

アウトサイダー・アート

かつて、フランスのアーティスト、ジャン・デュビュッフェが精神疾患者のアートに注目し「アール・ブリュット(Art Brut)」と名づけて収集し、1948年、作家のアンドレ・ブレトンらとともに紹介しました。アール・ブリュットの意味は「ナマ芸術」、生ビールみたいですね。(フランス語では発音されないはずのさいごの「t」は、この場合は例外的に発音するんだそう。)デュビュッフェがコレクションしたアール・ブリュット作品は、いまスイスのロザンヌにあります。

Collection de l'Art Brut, Lausanne
http://www.artbrut.ch/

社会にいっさい迎合しないかれらの作品に、デュビュッフェは芸術の可能性がナマのまま保存されているとかんがえたのです。別の言い方をすると、社会に適合しようとする人間の本能が芸術の可能性を貧しいものにしてしまうということです。

アウトサイダー・アート〜現代美術が忘れた「芸術」/服部正(はっとりただし)著 光文社新書

70年代にはいって英語に翻訳された「アウトサイダー・アート」は意味の幅をもうすこし広げ、「正規の美術教育を受けていないアーティスト」「ナイーフ」なども含まれて理解されるようになりました。英語版wikipediaにおもなアウトサイダー・アーティストの例があげられていますが、そのなかに「山下清」の名前が!

OUTSIDER ART (wikipedia)

(2005.05.14.)

かんれんファイル

■ デュビュッフェ

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN