EKAKINOKI

行くしかないロシア語会話

ロシアに留学するにしても、ロシア語作文に集中するなりして、ある程度話せるようになってからのほうがいいのじゃないかしら(大学の第二外国語でロシア語をとっているカインさん)・・・という質問に答えて

日本で勉強していて「わかる」のにもそれなりの時間がかかるけれど、こんどはじっさいに「ききとれてそれを不自由なくつかう」のにもまたそれなりの時間がかかりますよね。

どっちにより時間をかけるかといったら、やはり実践のほうではない?ほんとは実践しながら習得してったっていいぐらい。

カインさんの場合はすでに第二外国語でロシア語をとっているので、ロシア語がだいたいどのようなものかすでにわかってる。しかしさらにこれからロシア語作文に時間を注いだとして、費やした時間にふさわしいだけのロシア語会話能力がつくとはちょっとおもえない。

なぜなら、、頭で掴みきるには、ロシア語はあまりにもフクザツ。じぶんの足のうごかし方を考えながら歩くムカデ状態になっちゃう。 もしロシアに行くチャンスがあるなら(ユーキがあるなら)、行っちゃったほうがダンゼンはやい。

だいじょうぶ。必要最低限のことは人間の本能が味方をしてくれます。それにほとんどなにも分からずにロシア留学するのはカインさんがはじめてじゃないし、、

最初は相手の言ってることが分からなくても、相手が言いたいことの最も肝心な部分はけっこう耳がとらえています。(他人が悪口を言っていればすぐ分かっちゃうみたいにね。)

それに、こまったり怒ったり悲しかったり嬉しかったり恋をしたり、そういう感情を総動員してはじめてまともにことばがつかえるようになるんじゃない?じっさいに会話に使う言葉やいいまわしは、その言葉をはなすひとたちからもぎとってくるものだとおもいます。

もっともロシア語のまともな習得には時間がかかるので、1年ぐらいの留学では、、、「いちおうやったことがあるんだ。」ぐらいじゃないかなぁ。

ロシアは治安が良くないですから、ちゃんとした受け入れ先(滞在先)に身を寄せたほうがいいよ。おまわりさんはできるだけ避ける。(なぜって、、いけばわかります。。)

(2002.05.05.)(2002.07.19. 加筆)

かんれんファイル

■ ロシアはジャングル?!

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN