EKAKINOKI

マルタ行

まずは、TOMさんのマルタ訪問記より。

TOMさん 2008.04.03.

マルタ行ってきました。 飛行時間が合計20時間でした(^^;) 何もなくて(笑)平和できれいでした。

Palermo, photo courtesy by TOM(2008)

カラヴァッジョは「洗礼者ヨハネ の斬首」「聖ヒエロニムス」の二枚です。 最大作品の「ヨハネの斬首」はとおーくに見えるだけなので、 さびしい限りですが、迫力がありました。 写真撮影禁止のため、画像はありませんが、 限定カラヴァグッズをいくつか入手。 その中のひとつ「ヒエロニムスマグ」です(^^) マルタバスとともに。

(TOMさんの引用おわり)

マルタはれっきとしたEU圏の独立国家です。

(余分なカテゴリーを増やしたくなかったのでえかきのきでは南イタリアとしてあつかっています。)

アフリカとイタリアの中間にある地中海の小島で、歴史的に両者の影響を受けるとともに、軍事的な要所でもあります。

リビア混乱時には飛行機が飛来しました。アフリカからの難民も船で流れ着きます。

空路日本からだと、ヨーロッパのどこかの都市で乗り換えです。

あるいは、夕方シチリアからフェリーで、朝にはマルタです。島は、バイクか自転車でたのしめるほどの大きさ。

1964年に英国から独立したマルタの公用語は英語。

しかしマルタには土地の言葉があります。アラブ・セム語系言語で、イタリア語からの借用語彙が多く、ラテン語で書かれたアラブ語などとも言われます。

いまから400年ぐらい前、殺人事件がらみで逃亡生活を送っていたカラヴァッジョは、マルタの騎士貴族に招待されしばらくこの島で生活を送りました。

そのときカラヴァッジョが描いた作品は、いまも島に残っています。

カラヴァッジョがいた頃のマルタはヨハネ騎士団国で、それを、1798年にナポレオンがぶんどって、2年後の1800年からはイギリス領となりました。

参考までに

フェリーは、3月〜10月ぐらいは確実にありますが、日に1便とかなので、間に合わないと、まる一日待つことにもなります。利用するときは必ず時刻表などの事前チェックが必要です。冬場はなおさら。

(2000.12.20.)(2002.08.28. 見直し)(2008.04.04. やっつけ)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN