EKAKINOKI

アンブロジアーナ美術館(ミラノ)

Pinacoteca Ambrosiana

ミラノのドゥオーモ正面近くにあるアンブロジアーナ美術館は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「音楽家」やカラヴァッジョの「静物」があるところです。いくらか払えば写真もOKです。

この美術館の創設者フェデリーコ・ボローメオ(Federico Boromeo)は23才で枢機卿になり、なかなかいいことをしてます。

まず、1609年、一般庶民(!)が利用できる図書館を作りました。

そして、現在のアンブロジアーナ美術館につながる絵画コレクションのもとを築いたのですが、そのとき、アカデミーも創設しました。つまりミラノでさいしょのアカデミーは、ブレーラではなくここアンブロジアーナでした。

さらに、そこでは模写をさかんにやりました。学生たちの絵画技術習得のためとかもあったのでしょうが、それ以上に、火事とかでいつ著名作品が消失しないともかぎらない、というのが念頭にあったようです。

じっさい、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の複製があります。ナポレオンが攻めて来るよりずっと以前の複製なのでイミありますね。

ボローメオはカラヴァッジョ作品が欲しかったとか。でも、カラヴァッジョを強力にバックアップしていたデル・モンテ枢機卿をおしのけてまではむづかしかったみたい。もしボローメオが購入していたら、ミラノにごそっとカラヴァッジョがあったんですネ♪

ブラマンテ(Bramante 1444-1514)の弟子ブラマンティーノ(Bramantino 1465-1530)のフレスコ画「Cristo in Pieta」泣いてる目が赤い。 / フェッラーラの画家の「マリアの死」で1400年代後半の作品。

(2004.03.23)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN