EKAKINOKI

ヴェネツィアの水害

195センチとか113センチとかって・・・ようするに海の標準水位にたいしてどのぐらい上昇したかってことなんだろうけど、、ちょっとピンとこないよね。

195cm・・・1966.11.04.

これではおぼれてしまう〜。サン・マルコ広場では120センチが観測されたってある・・・195cmと120cm、この差ってなに?つぎのサイトは、バリアーを構築して洪水を防ごうという案のひとつ「MOSE (da MOdello Sperimentale Elettromeccanico)」というプロジェクトについても説明されてるんだけど、そこに、洪水のときの迫力ある写真がでてる。

http://www.fi.cnr.it/r&f/n12/dallaporta.htm
(CNR)

113cm・・・2002.10.22.

洪水のときのサン・マルコ広場

http://www.corriere.it/gallerie/20021022.shtml

これもそのときかな、、?いい写真だね。。

http://altamarea.altervista.org/

ところが・・・

つぎのリンク先(イタリア語)は地元のHPですが、これによると、テレビで騒いでるほどのことじゃないよ、、、って言ってる。ふつうの長靴があればじゅうぶん対処できるんだそうだ!たとえば100センチといっても、それは市の数ヶ所で観測されるにすぎない。。しかし、近年、地球規模の環境変化によって水位変化が増長されていることは否定していない。

http://www.comune.venezia.it/- - -(Acqua Alta)

原因は・・・

「水位の上昇」と「地盤沈下」が基礎的な原因。カナレットの絵が研究の重要な資料になっている・・・(CNR研究員評訳)

→ ヴェネツィアの水害 (えかきのきファイル)

歴史をみると・・・

1240年9月の記録には・・・ヒトの背丈ぐらい水位が上昇したってあるから、、いまにはじまったことじゃないんだね!これが知りたかった。。。つまりいまヴェネツィアがあぶないとすれば、、やっぱ地球環境の変化だね。

対策は・・・

「決定的な解決策なんてない。そのときそのときベストとおもわれる対処策を講じていかなくてはならないのに、政治がその実現をはばんでいる。」・・・対策本部の責任者ロベルト・フラセット教授へのインタビュー。

→  ヴェネツィア沈没を防ぐためのバリアー (えかきのきファイル)

いずれはなくなるはずだけど・・・

ヴェネツィアがついにモーゼ計画実行の決断をしたとか耳にしたような気がするけど、つぎのリンク先の2003年3月もコメントによると・・・またなんかわけわからないことになっている。

http://www.sgrtv.it/link/numeroacqua/Pisin(リンク切れ)

環境保護という立場から反対意見がでているのは、皮肉というかおもしろい。いずれにしても、ヴェネツィア共和国のころのヴェネツィアと、いまのヴェネツィアとでは規模がちがうんだから、なんかしなくちゃねぇ。あるいは、両者を納得させるような代替案がでてくるまで、結局なにもできないの、、?

かんれん被害・・・

イストリア産石、ヴェローナ産大理石がどのくらいイカレテルか、ほとんどが最近イカレタ、、っていう証拠写真集!水害とも関係あるとおもうんだけど、、イオウ分が石をチョーク状態にしちゃうんだそう。それにしても、、ちょっとすてきな素材集だぜ、コレ!

http://ourvenice.org/Venezia_gessificazione/..

(2004.12.17.)

※ 検索するのにいちばんヒットしたのが「Acqua Alta」でした。あとは「alluvione」「high tide」「flood」・・・「altamarea」はほとんどだめ。

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN