EKAKINOKI

パルマ公国とマリー・ルイーズ

コレッジョやパルミジャニーノがいたパルマ。

川向こうはロンバルディア地方。こっちはエミリア=ロマーニャ地方。

ルネサンスごろのパルマは、教皇庁の思惑と有力者のわがままが交錯し、諸勢力の腕力がぶつかり合っていた。

教皇パオロ3世(在位:1534-49)は、ロンバルディア地方のスペイン勢力と教皇庁のあいだに緩衝地帯をもうけようと、そこにじぶんの息子を据えてパルマ公国(パルマおよびピアチェンツァ)とした。

それ以降200年にわたり、パルマは「ファルネーゼ家のパルマ公国」であり続ける。小公国ではあったし、縁故関係からしても力関係からしても、スペインがシカとにらみをきかしていた。

それが1700年代後半、ファルネーゼ家にフランス王ルイ15世の娘が嫁ぎ、フランスの影響力が俄然増す。そしてフランス人が多くこの地に入り込んだ。

スタンダール(1783-1842)もまた、そんな経緯で『パルムの僧院 La Chartreuse de Parma(1839年)』の着想を得たのだろうか。

マリー・ルイーズ (1791-1847) Photo courtesy of portale parma

ナポレオン時代になると、ナポレオン2番目の妻マリー・ルイーズ(オーストリア皇女)がパルマ公となる。

Marie Louise, Duchess of Parma, 1815-1847

マリー・ルイーズはナポレオン後も一代かぎりのパルマ公国統治を許され、あしかけ30年間(1816-47)、パルマ公国を治めた。

イタリア統一に一役買うことになるジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)は、このパルマ公国の一小村で生まれ、ひょんなことから個人的にマリー・ルイーズと会っている。

(2005.04.20)

かんれんファイル

パルマのコレッジョ
パルマのパルミジャニーノ
ジュゼッペ・ヴェルディ

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN