EKAKINOKI

港町リヴォルノからフェリー

Mario Puccini, 1910, Porto Livorno

かつてトスカーナ地方の主要港だったピザ港が土砂に埋まっておもうように使えなくなると、1571年、メディチ家コジモ一世が新港としてえらんだのがリヴォルノでした。

トスカーナ地方の港はその昔から、鉱業港としての色彩が濃いですね。

リヴォルノは、エルバ島などトスカーナ地方の島々、サルデーニャ島、コルシカ島などへ行くフェリーの発着港でもあり、われらがモディリアーニの生誕の地でもあります。

フェリーは「一日に一本」とかなので(それも12時だけとか)、時刻表をあらかじめ確認しておかないと、やっとリヴォルノ港にたどり着いたものの、船が出たあと波止場に立ち尽くす、ってなことになるのでご注意を。(経験者)

エルバ島へは、ピオンビーノ港からのほうがフェリーが頻繁に出ています。サルデーニャ島、コルシカ島へは、サヴォーナ、ジェノヴァ、チヴィタヴェッキアなどからも。

(2000) (2004.11.10 見回り) (2016.03.28 見回り)

かんれんファイル

リヴォルノのかんたんマップ
モディリアーニ

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN