EKAKINOKI

おしんこサラダ

知り合いの中華料理店オーナーシェフ夫妻(中国人)がヨーロッパを長期間旅行したときに、「野菜がたくさん食べられない・・・」と嘆いていたことがあった。

「えっ、でも新鮮で野性味に溢れたおいしいサラダが食べられるじゃない?!」「サラダったって、食べられる量がかぎられてるでしょう〜」

『葉もの野菜』は中華鍋に山盛りもって、でも火を通すと小さくなってしまう。だからたしかに、量からするとじっさいにはかなり食べてることになる。

そう言えばソウ・・流通機構がまったく整っていないロシアで、『葉もの野菜』を見つけるのはカンタンではない。(ロシア人の食生活にはあんましカンケイないしろものってのもあるけど・・)万一『葉もの野菜』が出回るや、飛びつくように買ってしまうのが中国系。その他日本人などは、指を加えて見ているしかないほどかれらは手がはやい。野菜の食べ過ぎでお腹をこわすようなロシア人とちがって、アジア系のニンゲンにとって『葉もの野菜』はたしかに必需品。

でぎゃくに、新鮮で濃厚でワイルドなサラダ菜に慣れたイタリア人が日本で生活をしていると、生野菜の歯ごたえや新鮮さがいずれは恋しくなる。とくに春先・・・とりあえず『タケノコ』が『アーティチョーク』の替りになったり、ロケット(サラダ菜)の種を播いてみたり、タンポポの若葉を摘んだりとか、それでも「足りない」となると・・・・・

『サラダ』にとって替ることができるのが、なんと・・・『おしんこ』!!どうやら『おしんこ』には、ワイルドなサラダに匹敵する『新鮮さ』が、蓄えられているみたい。

かんれんファイル

■ ロケット/ルーコラ(画像)
■ アーティチョーク

BBSより

ミンチカ

おしんこって、臭く感じないのかなあぁ?彼らは。ぼりぼり♪

(2002.07.28.)(2003.05.02. 点検)

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY