EKAKINOKI

ニョッキもらくじゃない

Gnocchi

ニョッキっていうと、ジャガイモ茹でてつぶしてまるめて切って、それをお湯のなかにぶっこんで、茹であがるとプカ〜と浮かんでくるからそしたらできあがり・・あとはトマトソースをかけて食べるとか・・・な〜んておもってたけど、そんなにたんじゅんなヤツではないのでした。

パスタは小麦粉とかからできてるけれど、ニョッキはジャガイモからつくります。まずさいしょのコツは、ジャガイモを茹ですぎないこと。かたちがくずれない程度に茹でます。

茹であがったジャガイモは水をよくきって、塩、黄卵、パルミジャンチーズ、ノーチェ・モスカート(香味)とまぜます。小麦粉(ほんのすこし)をつかいながらなが〜くまるめて、そのあと、上の写真みたくスプーンとかでちっちゃくします。このとき、ジャガイモが熱すぎると、小麦粉が焼けちゃうので注意。

で、さいしょに言ったみたいに、お湯のなかにぶっこんで、茹であがると勝手にピコピコと浮かびあがってきます。できたヤツ!あと、どういう味つけで食べるかはいろいろ。

上の写真は一例。ここでは、ニンニク、唐辛子、ペペローニ、生クリーム、ペスト・ジェノヴェーゼ(パスタ・アル・バジリコのソース)をつかっています。そこに、トーマというチーズをふんだんにからめました〜。

(2004.01.21.)

料理はマリア・クレシンベーニ(Maria Crescimbeni)

※ ニョッキと言えばフツウはジャガイモなんですが、小麦粉(セモリナ)でつくるニョッキというのもあるよ。小麦粉を牛乳で固めたのを焼いたもので、とくに形というのはないし、ジャガイモのニョッキとは似ても似つかない。どうしてニョッキってのかなぁ〜?

かんれんファイル

■ イタリアの食材

ART INVESTMENT AGENT JAPAN RUSSIA SOVIET ITALY