EKAKINOKI

イタリア人の「なりきる」という性格

イタリア人の「なりきる」という性格は、ちょっと類をみない。

たとえば、「金持ちになりきる」・・・「ビジネスマンになりきる」・・・

ぜんぜんそうじゃないのに。

金もないのに、映画にでてくるような古びた時代の金持ち風にバッシッときめる。

きめるだけじゃなくて、なりきってる。

すごいとおもわない?

滑稽なんだけど、ある意味すごいことでもある。

あそこまで信じ切れば、人生変わるかも。

いや、そのぐらいでないと、変わんないのかも。

「まず中をみがいてから」では突然変異できないよ。

携帯片手に、超忙しいスーパービジネスマンになりきっている。

あんがい、仕事なかったりするんだよ。

すごいよね、ある意味、イタリア人って。

「オレは金持ちなんだ」って・・・「庶民とはチガウんだ」って・・・

たんなる「ええかっこしい」ぐらいではできないよ、あれ。

めちゃくちゃコンプレックスないと、あそこまで演じきれないような気がする。

(2001.10.24)(2001.10.27. 美術評論典型例追加)(2002.04.15. 書き改め)

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN