EKAKINOKI

アートは挑発ではないよ

Casma

ルイジ・ストラデッラ評より訳

姿かたちばかりか、空中を身軽に歩いているようなかんじといい、ロートレック(1864-1901)そっくりのジョヴァンニ・カッサンマニャーゴ(通称カズマ)は、身体的な特徴をおいても、非常に個性ある人物。まったく自分の世界のなかに生きているといった感じ。

"鳩とカモメ" (Colomba e Gabbiano / 100 x 70 cm)

批評家カシラーギの紹介ではじめて彼に会ったときのことは、今でも鮮明に覚えています。恐竜の殻か、胎盤から出てきたばかりの想像上の生き物を見ているようで、まるで映画のなかのいちシーンでした。しかも彼の表情はとても豊かで、しかもダイナミック。

好奇心のあまりない連中や、活気を失ったひとたち。あるいは極端にはしった反動で作風がクラシックになり果て、性格までも保守的になった連中には、うまれつき我慢できないといったタイプ。

芸術へのつきることのない渇望をもちつづけるるなかでカズマが理解したのは、「芸術活動をするということは、観客をたえまなく刺激して挑発することではなく、なにかを、与える行為に近いものだ。」ということ。


カズマのファイル

■ 新未来派を名乗るカズマ
■ アートは挑発ではないよ

ART INVESTMENT RUSSIA SOVIET ITALY JAPAN