EKAKINOKI

カラヴァッジョ序

Caravaggio(Michelangelo Merisi) 1571-1610

カラヴァッジョは癇癪持ちというか、犬のおしっこのようにあちこちで安いけんかを売ったことで有名だ。未成年のうちにすくなくとも2回は刑事ザタを起こしている。なかでも決定的だったのが、古式テニスの最中に起こしたけんかだ。賭けでもしてたの?

刺した刺されたで、相手のひとりが死に、カラヴァッジョはローマを逃げ出す。のちナポリ、シチリア、マルタと放浪し、ようやっと教皇の恩赦がもらえそうになってローマにかけつけようとしていたとき、ある浜辺で高熱に打たれてのたれ死に。享年39才。

ざっとこれがカラヴァッジョの人生。あのときケンカをしてなきゃ?カラヴァッジョは「あのときケンカをしてなきゃ」どころか「もうひとりやれたのに」みたいな性格だから、おそかれはやかれおなじような事件は起きてただろう。

そういう星のもとに生まれたのですね。そしてそういう運命の表面が、カラヴァッジョという美術史上の出来事なんだとおもう。いまさら性格がどうのこうの詮索したってはじまらない。すべてひっくるめて、そういうことが起こった、ということ。

そして、絵画の歴史はカラヴァッジョを契機に大きく転換し、ものすごい勢いで近代に突入していく。カラヴァッジョと同時代に生きていたバリオーニとマンチーニ(1558:Siena-1630:Roma)が、伝説ではないほんもののカラヴァッジョについて書いている。

(2002.02.10)(2002.08.21. 点検)(2003.07.31. THAIS.ITのリンク追加)(2008.04.05. やっつけ)

カラヴァッジョ作品(Web Gallery of Art)
http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/c/cara..

ART INVESTMENT JAPAN RUSSIA ITALY AGENT